太陽光発電設備監視サービス

  • サービス概要
  • 動作条件
  • 構成例・導入機器
  • 導入事例

太陽光発電設備を導入した後の、お客さまの様々な負担を3つのサービスでサポートいたします。

太陽光発電設備監視サービスの特長

データ収集、加工サービス(基本サービス)

太陽光発電を補助事業として導入する場合の必須項目で、現地で設置したIP端末が、発電量や日射量など設備の運転データを収集し、現地で設置した表パソコンに表示(表形式、グラフ形式)、集計(日報・月報・年報)します。 また、設備警報発生履歴等の閲覧もできます。必要なデータはCSVでお客さまのパソコンにダウンロードできます。

遠隔監視サービス(基本サービス)

複数箇所に分散設置したIP端末が提供するデータ収集及び加工サービスを、ネットワーク経由でセンターの太陽光監視サーバーに集約し、遠隔から活用できます。 設備警報情報は、お客さまへEメール等で自動通知します。

データストレージサービス(オプションサービス)

収集したデータをストレージサーバに長期保存し、大量データの解析や後年のデータ処理・集計に活用することができます。

サービス構成図

■アクセス・出力イメージ

ブラウザアクセス

ブラウザアクセス

九州各所の発電関係情報をブラウザで確認でき、研究開発等にも即時利用可能

装置異常情報取得、メール配信

装置以上情報取得、メール配信

装置、回線等の異常情報をブラウズで閲覧でき、メール通知も可能

CSVダウンロード

各種報告書等に利用できる数値データをCSVでダウンロード可能

お問い合わせ&資料請求はこちら