お知らせ 詳細

ニシム電子工業がクラウドでM2M遠隔監視サービスを開始      〜富士通の「FENICS M2Mサービス」と連携し、短期間でサービス開発

2012年12月20日

ニシム電子工業株式会社


 ニシム電子工業株式会社(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:梨田一海、以下、ニシム電子工業)は本日、クラウドを利用し、電源設備や太陽光発電設備、環境計測器など多種多様な産業設備の遠隔監視・保守支援を行うFAデータストレージサービスを開始します。


 本サービスは、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本正已、以下、富士通)のネットワークサービス「FENICS M2Mサービス」と連携し、プラットフォームを構築しています。

 

 お客様は、FAデータストレージサービスを利用することにより、設備の状況(監視情報、計測・計量情報および各種センサー情報)を遠隔地からリアルタイムに収集・把握することができるため、トラブルの予兆を捉えた事前の部品交換や故障時の原因調査・処置時間の短縮など、設備の稼働率向上、保守コスト削減に活用できます。

 

 ニシム電子工業は、今回構築したクラウドを共通のプラットフォームとして様々なお客様に提供することで、短期間・低コストでのサービス提供を可能にしました。

 

 今後、監視対象物にあわせた通信装置(センサーなど)のラインナップ拡充や汎用的な監視アプリケーションの提供を行い、電力向け設備はもとより、自治体・一般民需向けの設備にも拡充しながら全国での拡販を目指します。

 

 

▽FAデータストレージサービスの概要はPDFファイルをご覧ください。 

ニシム電子工業がクラウドでM2M遠隔監視サービスを開始(261Kbyte)
更新日:2012.12.19

[お問い合わせ先]

ニシム電子工業 サービス事業推進本部 
ネットワークサービスグループ
TEL:092-482-4732 MAIL:megakiku@nishimu.co.jp

adobe reader PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。アドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。